カテゴリ:生き物たち( 56 )

桂の傍で出逢ったアムゼル君

植物園に日本産の桂がありまして、お気に入りの場所です。初めてここにやって来た時日本産の桂だとは知らなかったのですが、傍のベンチに座ってると快くて、なんだか落ち着く居心地のいい場所だったんですよね。木の近くに寄っていて名札を見てみると、日本産の桂と書かれてあったので、落ち着くはずだわと思ってしまいました。まだ裸ん坊ですが、葉っぱが茂ると滴るような緑が美しい樹です。

e0357367_2314285.jpg


桂の傍でアムゼル君に出会いました。この後ろ姿、なかなかいいでしょ。背中で語るアムゼル!^^

e0357367_23143340.jpg


いろんな角度から撮っちゃおう。

e0357367_2315161.jpg


e0357367_2315229.jpg


e0357367_2316050.jpg


正面から見るのがかわいい!

e0357367_23154666.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-04-06 00:19 | 生き物たち

ズアオアトリ

黄色いお花のところでズアオアトリを見いつけた。ドイツ語名はBuchfink(ブッフフィンク)。羽の模様からすると雄のようです。雌は全体的に淡い灰緑色をしているそうです。餌は主に地面で探すそうですから、何か餌を探している最中だったようですね。

e0357367_15442638.jpg


e0357367_15444222.jpg


e0357367_15445642.jpg


e0357367_15451150.jpg


e0357367_15454084.jpg


黄色いお花のところで蜂さんもお食事中。

e0357367_15462031.jpg


ズアオアトリの鳴き声


[PR]
by sternenlied | 2016-04-03 16:03 | 生き物たち

馬車の馬

暖かい季節には庭園内を観光馬車が巡るのですが、馬車の御者の一家が暮らしている建物が庭園内に建っています。昔から代々の御者がここの煉瓦造りの建物で暮らしていると、以前馬車に乗った時に御者のおじいさんが語ってくれました。

e0357367_2535056.jpg


御者の住む建物の横に小さい牧場があって、時々馬車の馬を見かける時があります。昨日ここを通りかかった時に久しぶりに見かけたので、近くまで行ってみました。

e0357367_2563846.jpg


e0357367_2545010.jpg


e0357367_2542195.jpg


綺麗な馬で見とれてしまったわ。たてがみと尾毛がお日様の光を吸収してるように見えました。

e0357367_2543678.jpg


e0357367_2552148.jpg


e0357367_2553631.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-04-03 03:15 | 生き物たち

アムゼルのさえずり

春が近づいてくると、真っ先に美しいさえずりを聞かせてくれるアムゼル。朝はまだ暗い内から夕暮れの黄昏時にも春の夢のようなうっとりとさせるような優しく美しいメロディーを聞かせてくれますが、そういう独特のメロディーを響かせた歌声が聞ける動画は見つかりませんでした。でもこの動画でもかなりアムゼルの美しいさえずりが聞けると思います。私が自分のブログのタイトルにアムゼルを登場させているのも、この鳥の美しい声に惚れ込んでのことです。


[PR]
by sternenlied | 2016-03-22 15:28 | 生き物たち

アムゼルの子育て

アムゼルが子育てしてる様子を撮った素晴らしい動画を見つけました。庭の小屋にアムゼルが巣を作っていて、ヒナが巣立つまで毎日撮っていたのだとか。アムゼルの夫婦が共同で甲斐甲斐しく子育てしている様が微笑ましい。


[PR]
by sternenlied | 2016-03-21 19:23 | 生き物たち

純白のハート

運河で出会った白鳥。ハート形になった翼の純白がまぶしい。

e0357367_2094259.jpg


e0357367_2095778.jpg


e0357367_20101123.jpg


もう1羽やってきました。

e0357367_2010396.jpg


仲良しこよしの鴨さんの夫婦も。

e0357367_20105335.jpg


e0357367_2011760.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-03-10 20:18 | 生き物たち

誰もいない雪原での散歩の道連れは

人っ子一人いない雪原で最初に出会ったのは雪に覆われた木の天辺に留まっていたこの鳥。茶色で綺麗なブルーも羽根に混じっていたけれど、カケスかな? でも調べてみたら、カケスはクチバシが黒いようだ。クチバシが黄色いカケスか、カケスの仲間がいるのだろうか。

e0357367_2255427.jpg


e0357367_2261959.jpg


e0357367_227637.jpg


雪原の道を先へと進んでいくと、1羽のカラスに出会いました。雪原には他のカラスの仲間はいなくてこの1羽だけ。真っ白な世界に黒一点が映えるなと思って写真を撮らせてもらったのだけど。。

e0357367_237449.jpg


e0357367_236499.jpg


するとね、私が先へ進む毎に、このカラス、後からついてくるんですよ。私が進む方へと場所を数カ所変えて飛んできて、微妙な間隔を置いて直ぐ私の後方に留まってるんですよね。

場所を変えてついてくるカラス。

e0357367_2371849.jpg


e0357367_2375751.jpg


e0357367_2381310.jpg


そしてついには私の先回りをして、私の進む方向に立っている木へと飛んで行きました。

e0357367_2385547.jpg


木の上で待ってるカラス。

e0357367_2391058.jpg


e0357367_2392643.jpg


e0357367_2395518.jpg


アップで写したいと思って近寄ってカメラを構えると、飛んで行っちゃいましたけど、ひととき野生の生き物と通じ合ったような気がしてなんだか愉快な気分になりました。
[PR]
by sternenlied | 2016-01-26 02:58 | 生き物たち

氷上のカモメさん

カモメさんたちは細長い堀よりも池の方が居心地がいいらしく、池に集まってることが多いです。融けかかった池の氷の上に立っているカモメさんたち。

e0357367_0185114.jpg


e0357367_0163665.jpg


e0357367_0164956.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-01-14 00:22 | 生き物たち

堀の白鳥さん

水面下に氷の張ってる堀で、鴨さんたちは水の直ぐ下の氷の上に立ってるのが多かったですが、白鳥さんは浮かんでました?! 浅い水のところでも浮かべるんですね。

e0357367_085684.jpg


e0357367_08390.jpg


e0357367_081643.jpg


e0357367_082933.jpg


e0357367_084218.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-01-14 00:13 | 生き物たち

氷上の鴨さん

前の数日間雪が降って気温が零下5度位の寒い日が続いていたので、土曜日に人造湖に行くと、気温が上がったというものの、そこの湖面や近くの池の表面はまだ凍っていました。でも翌日の日曜日に庭園に行ってみると、堀の水面には一見氷が張っていないようでしたが、鴨さんたちが水面に立っているではありませんか。表面の氷は融けても、直ぐ下にはまだ氷が融けずに張ったままだったのでしょうね。あ、そうか、今lこれを書きながら気づいたところですが、前回にアップした水鏡が冴え冴えとした情景を映していたのは、氷が表面下に張っていたので、その作用もあったのかもしれませんね。

e0357367_21512777.jpg


e0357367_21521627.jpg


e0357367_2153242.jpg


e0357367_2153178.jpg


e0357367_2152013.jpg


鴨さんがたくさんいる写真を拡大して眺めていたら、1羽だけ足を踏ん張っているのがいるのですよね。かわいいので、その鴨さんを拡大してアップ。

e0357367_21542476.jpg


e0357367_21543955.jpg


e0357367_21545324.jpg


こちらの鴨さんの足つきもおんもしろい。

e0357367_215511100.jpg


e0357367_21552617.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-01-13 22:30 | 生き物たち

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied
更新通知を受け取る