ブログトップ

木陰のアムゼル2号庵

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied

ハレを後にする

マルクト広場の停留所からトラムに乗り、駅に着くと、駅の入り口の前の両側に体格のいい大きな警官ばかり厳しい顔つきで並んで、通って行く人を監視していたので、ぎょっ。朝方この駅に到着した時も、この日ハレの競技場でサッカーの試合があったので、たくさん警官が警備してましたけど。駅の入り口を通る時に私たちは呼びかけられることなく警官達の間を通過できましたが、応援してるサッカーチームのユニフォームを模したTシャツなんかを着たサポーターらしき人達は呼びとめられ、Tシャツを脱ぐように命じられて厳しく検査されてましたね。帰りの列車に乗り込んだ時は20分程出発が遅れたのですが、その遅れた理由というのはサッカーのサポーター達が線路にたむろしていたからだということでした(汗)

駅に列車がやってきました。

e0357367_01485216.jpg

遠のいていく駅を眺めながら、色々楽しませてくれてありがとうとハレにつぶやく。

e0357367_01485894.jpg

途中でケーテンという小さな町の駅に停まったのですが、そこで見かけたレトロな建物。給水塔なのか、駅に関わる建物なのか、工場なのか分かりませんが。ハレに向かう時も列車の窓の外に見かけて気になってたのですが、その時は列車が停まってる位置からは撮り難くて。帰りの列車では停車してる場所からよく見えたので撮れました。ちなみに、ケーテンという町の名は私も初めて知ったのですが、バッハが1717年から1723年までケーテンの宮廷楽長として仕えていたそうです。バッハの所縁の土地って多いみたいですね。

e0357367_01491427.jpg

これでハレのレポートはおしまいです。付き合ってくださってありがとうございました。


今日は朝から調和のとれた楽しい日でした。朝食後には庭園へ、そしてその後で町の中心部へと向かったのですが、両方の場所で思いがけなく写真に撮りたいと思うようなモチーフにたくさん出会えて楽しかったです。曇っていたし、家を出る時はカメラを持って行こうかどうか迷ったのですが、持ってきていて良かったです!久しぶりに蚤の市にも寄ってきたのですが、いつもよりもたくさん魅力的なものがそろっていて、最初は写真を撮りに行くだけの積りが、思いがけない掘り出し物を見つけて、これは是非買わなければと、蚤の市で初めて買い物しました♪ 先週末に写した情景もありますし、今日出会った情景と、順々にアップして行って、その内私が蚤の市で買ってきたものもアップしたいと思います

[PR]
by sternenlied | 2016-09-04 00:34 | ちょっとお出かけ