ブログトップ

木陰のアムゼル2号庵

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied

聖エギディエン教会へ

穏やかでない世界の情勢、平和への祈りを捧げるのはここだなと、土曜日に湖畔を散歩した後で、久しぶりに町の中心部にある聖エギディエン教会へと向かいました。聖エギディエン教会は14世紀に建造されたのですが、1943年の第二次世界大戦の空襲で破壊され、教会の塔と外壁だけが残されたのですが、戦争の悲惨さを後世に伝える為に再建されずにそのままの姿で残されています。

e0357367_0153045.jpg


e0357367_0154831.jpg


e0357367_016290.jpg


e0357367_0163922.jpg


門を潜ると、がらんとした空間だけあり、塔のある側には小さな洞窟があって、

e0357367_0172789.jpg


そこには1985年に姉妹都市である広島から贈られた平和の鐘が吊るされています。

e0357367_02032.jpg


e0357367_0193728.jpg


e0357367_0221137.jpg


鐘の上方にはなぜか杵をつくウサギの絵が印されています。

e0357367_0222523.jpg


平和の鐘がある洞窟の向かい側には、戦没者慰霊碑があります。

e0357367_0224061.jpg


ここにも蔦の蔓が美しいアートを描いてました。

e0357367_0231355.jpg


洞窟の横には、以前はありませんでしたが、誰が置いたのか、小さな聖母像が供えられてました。

e0357367_0232843.jpg


ここの場所は、仏教、イスラム教、キリスト教の違いを問はない、仏教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も皆一緒に民族や宗教の違いを超えて世界の平和を祈る場所。ここの場所にいると、皆謙虚な気持ちになって世界の平和に想いを馳せずにはおれないと、ここを訪れる人たちの表情を見ているといつも感じられるのです。「平和」、たったの二文字ですが、何と世界が切実に必要としている大切な文字なのでしょう。
[PR]
by sternenlied | 2015-11-24 01:05 | 街角