ブログトップ

木陰のアムゼル2号庵

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied

クリスマス市準備ちゅう

e0357367_13928100.jpg


今朝また雨が降ってたのですが、朝食が済む頃次第に止んできて、曇ってはいましたが、町の中心部にある人造湖に散歩に行きました。幸い到着した頃には天気は回復し、出発する時には思ってもみなかった程清々しい明るい青空が広がっていき、1週間ほど悪天候で散歩に行けなかったので心ゆくまで散歩を楽しみましたよ。

人造湖の周りを一周した後近くの中心街へと向かいました。来週の水曜日に恒例のクリスマス市がオープンするので、丁度その準備がされてる最中でした。湖での散歩の情景は後ほどアップすることにして、先にクリスマスに向かって準備中の町の様子をアップしたいと思います。賑わってる土曜日の中心街、屈託なくリラックスした人たちの表情を見ててなんだか安心してしまいました。

旧市街の広場に立っているマルクト教会の前に大きなモミの木が立てられて、電飾取り付け作業中。

e0357367_1401919.jpg


e0357367_1452292.jpg


e0357367_1454097.jpg


マルクト教会はこんな教会です。

e0357367_1472879.jpg


e0357367_148384.jpg


e0357367_251614.jpg


旧市街の通りにもクリスマスの電飾が取り付けられているところでした。

e0357367_1494724.jpg


旧市街の通り

e0357367_1501266.jpg


旧市街は中世風のクリスマス市が立つ場所で、モミの木で小さな林を演出したり、その中や外に屋台の小屋が組み立てられていました。

e0357367_1504592.jpg


モミの木の後ろ、向かって左側の建物は哲学者ライプニッツの家です。

e0357367_15240100.jpg


横から見たライプニッツの家のファサード

e0357367_1542847.jpg


教会の立っている広場にもたくさんのクリスマス市の出店が所狭しと並ぶのですが、まだがらんとしています。幾つかの出店が組み立て中でした。

e0357367_15519100.jpg


一件だけ出店の小屋ができあがってました。後方に見える古い建物は旧市庁舎です。

e0357367_1565813.jpg


e0357367_232117.jpg


この旧市庁舎の建物は15世紀の初頭から20世紀の初頭まで新市庁舎ができるまで利用されていました。今は店やレストラン等が入っています。

e0357367_24539.jpg


仲良く並んだマルクト教会と旧市庁舎の塔

e0357367_253154.jpg


繁華街の中心部には恒例のクリスマスピラミッドがいち早くでーんと据えられてました。

e0357367_22621.jpg


上方は巨大なくるみ割り人形で飾られ、下は屋台。このくるみ割り人形が立ってる部分はくるくると回転するのですよ。

e0357367_2262098.jpg


e0357367_2263518.jpg


わが町名物の時計台の前にも屋台。ここの時計台、待ち合わせ場所によく利用されます。

e0357367_230435.jpg


駅前もクリスマスっぽくなってきました。正面に建ってる建物が中央駅です。

e0357367_2291820.jpg


e0357367_2293324.jpg

[PR]
by sternenlied | 2015-11-22 02:39 | 街角