パレオカストリッツァで迎えてくれた山羊さんと羊さん

朝から鬱陶しく雨が強く降っていた日、仕方がないから、車でただ西へ西へと平坦な道をドライブしようではないかと西海岸の方へと向かったのですが、次第に天気が回復してきたようだったので、島の北西部にあるパレオカストリッツァへ行ってみたいなと山道へと進んでいきました。

旅に出る前ガイドブックをめくってた時行ってみたいなあと一番惹かれたのがこのパレオカストリッツァだったのです。道標が曖昧で途中何度か違った道を進んで迷いながらようやくたどりつけたパレオカストリッツァは、青い海に浮かぶ小島や幾つもの入江や岬、周りにそびえている雄大な山々が織りなす景色が、わあ!と感激してしまうような美しい絶景で、丁度パレオカストリッツァにたどりついた頃、雲間から陽が射してきたのも嬉しいことでした。

うきうきしながら車を停め浜へと向かっていこうとしていたら、チリンチリンと涼やかな音色が長閑に響いてきて、横道から山羊や羊の群れがやってくるところでした。
あれ、(山)羊飼いがいない、群れだけが歩いてくる。後で(山)羊飼いらしい人がのんびりとやってくるのを見かけましたけど。

e0357367_14295817.jpg


e0357367_14301485.jpg


オリーブの木へとやってきた山羊さんや羊さん達。もぐもぐと食事中。

e0357367_14302985.jpg


e0357367_14314325.jpg


この濃い栗毛の山羊さん、好奇心旺盛なようで、

e0357367_1431078.jpg


飄々と大胆で腕白なようで。私のすぐ目の前で伸び上がって木の葉を食べようとしていた山羊さん、あわててカメラを取り出しましたが、全身を撮り損ねて残念。

e0357367_14311528.jpg


群れから離れて我が道を行くタイプの山羊さんのようでした。

e0357367_14313036.jpg

[PR]
by sternenlied | 2015-11-09 15:28 | 旅(国外)

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied
更新通知を受け取る