タヴェルナ 1

ギリシャやイタリアでは飲食店のことをタヴェルナといいます。ギリシャの別の島クレタ島に行っていた時、タクシーの運転手に日本でタヴェルナというのは食べるなという意味だと話すと笑ってました。ギリシャのタヴェルナのテラス程心地良い所はないと言える程本当とてもリラックスして寛げる居心地の良い場所です。ギリシャ人やトルコ人って野外で過ごすのが大好きという印象をドイツにいる彼らを見てても思いますので、テラスの造り方にセンスがあるのですよね。海辺や山の中、街を巡っていても、それがどんな小さなスポットでも、わあ、素敵、座ってここでひとときを過ごしてみたいと思ってしまうようなタヴェルナのテラスをよく見かけます。

下のタヴェルナはアハラヴィのメインストリート(といっても小さい道ですが)を歩いていた時に見かけました。レモン∙ガーデンというタヴェルナで、こじんまりとした小さなタヴェルナでしたが、レモンの木がたくさん生えてて、レモンの木の木陰のテラスが心地良さそうでした。その内ここで食事しようといいながらも、ついつい道路脇よりも海の風を感じながら食事したいといつも浜辺のタヴェルナで食事したりコーヒーを飲んだりして入ったことはありませんが。

e0357367_1714176.jpg


e0357367_17133491.jpg


ドイツから島に到着してホテルはまだチェックインタイムになってなかったので、まずは浜に向かった時に最初に見た光景がこの眺め。左側にちょこっと見えるタヴェルナは丁度準備中のようで、なんか良さそうだったので後でランチを食べに寄りました。なんか国木田独歩なら「忘れえぬ人々」に書き加えるのではなかろうかと思えるような癖のあるおやじが主の店でしたが、食事は美味しかったです。他のギリシャの島クレタ島やサモス島では食事してがっかりすることが多かったのですが、ここケルキラ島ではどこで食べても食事は美味しかったです。ここのタヴェルナ、後で知ってその時は知らずに入っていたのですが、私の持って行った旅行ガイドに宿泊地アハラヴィで一つだけお薦めタヴェルナが記されていたのですが、なんとここのタヴェルナでした。

e0357367_16434477.jpg


この辺りは浜に沿ってずらっとタヴェルナが並んでいます。

e0357367_16441334.jpg


e0357367_16442887.jpg


内部はこんな感じ。初めて入った時は外は陽射しが強かろうと中で食べたのですが、割とひんやりしてましてその内ジャケットを膝にかけたほど。おやじが開け放していた戸を閉めましょかと言ってくれましたが、いや、海風が心地良いからとそのままで食事しましたが。島では陽射しの当たる場所と影になってる場所の気温差が激しかったです。他日には少し影になったテラスで食事しましたが、そこは良い塩梅で、柔らかな陽射しと海風、波の音が直接に感じられて、とっても快かったです。

e0357367_164521100.jpg


2人分のシーフードフライの盛り合わせ。美味しかったですが、味をつけて野菜少量を混ぜたライスが別の皿にちょっとだけついてるのですが、ギリシャ料理っていつも付け合わせが少なくて魚や肉だけがどばっと皿に盛られて出され、ちょっとその点が不服。

e0357367_16454612.jpg


他日にはギリシャサラダと混ぜご飯を葡萄の葉で包んだドルマデスを注文しました。私はこのドルマデスが好きでして、こちらのトルコのお惣菜屋さんで時々買います。ギリシャでは温めたのを食べることが多いようですが、温めたのも美味しいです。黒っぽく写ってますが、影になって一層黒っぽく写ってるものの実際黒っぽかったです(笑)でも味は美味しかったですよ。ちなみにコップに入ってるのはビールじゃなくて桃ジュース。ギリシャのビールがこんな色をしてるわけではありません(笑)写ってるビールの瓶は夫が注文したものです。

e0357367_1646173.jpg


ドイツにあるギリシャレストランでもそうですが、タヴェルナでは勘定を払う時によくギリシャのリキュールをサービスしてくれます。大抵ウーゾとかラキとかものすごく強いお酒なのですが、ここのはカクテルのようにミックスされて口当たりが良くてとても美味しかったです。ほんのり桃のようなフルーティーな味がしてました。

e0357367_16463299.jpg


下のは別のタヴェルナですが、ここでよくギリシャコーヒーを飲みながら波音に耳を傾けていました。

e0357367_16465725.jpg


ギリシャコーヒーの味は好きです。どことなく小豆っぽい風味があって(笑)飲んだ後も心地良い。私は普段コーヒーは飲みませんが、ギリシャコーヒーだけは好きで飲みます。

e0357367_16471982.jpg

[PR]
by sternenlied | 2015-10-29 18:48 | 旅(国外)

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied
更新通知を受け取る