ブログトップ

木陰のアムゼル2号庵

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied

スピリドン∙ビーチへ向かう

前回写真を載せた突堤の後方にある小さなラグーン。この橋を渡ると前回アップした道へと続きます。

e0357367_22515213.jpg


前回アップした仙郷のような場所にいた時に、近くの林の道からイギリス人カップルが現れて、夫がその道はどこに通じているのかと尋ねると、スピリドン∙ビーチという所に通じていて素敵な所だというので行ってみました。道は最初林の中を通ってましたが、やがて視界が開けて、広々とした野が広がっていて風光明媚な景色にうっとりしながら歩いていました。

e0357367_22555299.jpg


e0357367_22541454.jpg


e0357367_22563411.jpg


途中放牧されたヤギを見かけました。別の日に撮ったので空の色が他の写真とは違いますが。

e0357367_22581638.jpg


e0357367_23215316.jpg


時折海岸に接近してる場所があって、海岸への道が続いていました。向こうに見える山々はアルバニア。

e0357367_22584731.jpg


20分ほど歩いて行くと、またラグーンがあって、近くの橋を渡るとイギリス人の教えてくれたスピリドン∙ビーチへと着きます。

e0357367_2252951.jpg


e0357367_2252249.jpg


橋から魚がたくさん見えるんだよとイギリス人の男性が嬉しそうに話してましたが、いました、いました。

e0357367_22525612.jpg


スピリドン∙ビーチ。割と小さくて拍子抜けしましたが、途中の道が素晴らしくてそれで満足。この辺りのホテルにイギリス人観光客がたくさん宿泊しているようで、仙郷のような場所でイギリス人ばかり見かけるなと思ってましたが、皆ここから林の道を抜けてやってきてたのね。ビーチの近くのタヴェルナで搾りたてオレンジジュースとギリシャコーヒーを飲みながら一休みして引き返す。

e0357367_22594653.jpg


e0357367_230192.jpg

[PR]
by sternenlied | 2015-10-29 00:03 | 旅(国外)