人気ブログランキング |

ブログの引越し

いつも「木陰のアムゼル2号庵」を訪ねていただきましてありがとうございます。
前にも書いてましたように、そろそろ画像容量が一杯になってきましたので、
キリのいいところで2月から新たなブログへと引越しすることにしました。
新しいブログへの入り口はこちらです↓


引き続きよろしくお願いいたします。


このブログのラストの記事の写真は何にしようか迷いましたが、
いつも訪れる度に優しい気で抱擁してくれる2本の大樹に捧げたいと思います。

ひとつは風景式庭園にいるナラの大樹
いつの季節にも力強い生命力で癒してくれる存在です。
樹木を神聖な存在として信仰していたケルト民族は
ナラの木を森の王、あらゆる木の王と呼んでいました。
この木は強さ、安定、成功、保護を象徴し、堅果は忍耐と
小さな始まりから多くを成し遂げる能力を象徴しているそうです。


ブログの引越し_e0357367_01243067.jpg


そしてもうひとつは、フォンアルテンガルテンにいるブナの大樹
今日も会ってきました。近くに寄って行くと、直ぐに清々しい気が伝わってきました。
ケルト民族はブナを森の女王と呼んでいました。私はおじいさんと呼んでましたが^^
この木は知恵と未知なるものを意味し、保護的な力を持ち、そして、
古いものの終焉と新しいものの開始を意味しているそうです。


ブログの引越し_e0357367_01245215.jpg


ブログの引越し_e0357367_01244482.jpg

フォンアルテンガルテンに向かう途中で面白いことがありましたよ。
ニャオーと妙な猫の鳴き声がするなと思っていたら、
近くの柵に留まっていたカケスが猫の鳴き声の真似をしてるのでした。
調べたら、カケスもオウムや九官鳥のように鳴き真似が上手いらしいですね。


# by sternenlied | 2017-01-30 02:44 | 樹木

哲学者地区の森

哲学者地区の直ぐ近くに森があるのですが、ここの森にも時々散歩にやってきます。春一番にこの森の一面に咲くキンポウゲ科のヤブイチゲの花が見事なんですよ。今から楽しみにしています。

哲学者地区の森_e0357367_00390249.jpg

森に面した家並みは絵になります。ここに住んでいた夫人と知り合いになったことがあるのですが、彼女は絵を描く人で、ここの通りを描いた絵を見せてくれたことがありました。

哲学者地区の森_e0357367_03041526.jpg

個性的な家のファサードを見て歩いてるだけで楽しいです。

哲学者地区の森_e0357367_03042834.jpg

この桜の木には見事なくらい花が満開に咲くのですよ。

哲学者地区の森_e0357367_00391124.jpg

ここの森は整備されていて、スクッと真っ直ぐな木がたくさん生えてます。
滴るような新緑の頃はうっとりするほどとても美しい森となります。

哲学者地区の森_e0357367_03071282.jpg


哲学者地区の森_e0357367_00392459.jpg


哲学者地区の森_e0357367_03095287.jpg

シジュウカラが枝に留まってるのを見かけてパチリしたのですが、小さ過ぎますね(^_^;)

哲学者地区の森_e0357367_00394369.jpg

森の中で出会ったワンちゃん。

哲学者地区の森_e0357367_03111417.jpg

こんな赤い光が写ってました。なんだか面白いので、これもアップ。

哲学者地区の森_e0357367_00395065.jpg


# by sternenlied | 2017-01-29 00:49 | 散歩

哲学者地区

今日も清々しい青空になって、気温もそんなに低くなく、久しぶりに湖畔や、庭園へと心ゆくまで散歩を楽しんできました。湖や庭園の水辺は凍っていて、見応えのある情景で、写真をたくさん撮ってきましたが、それはちょっと後回しにすることにして、先にこちらの方をアップすることにします。しばらく前に天気の良かった日に撮っていました。通りの名前にドイツの哲学者の名前がつけられているので、哲学者地区と呼ばれている地区があるのですが、美しく魅力的な建物がたくさん並んでいて、ここに住んでみたいと思うような憧れの地区です。春にはここの地区のあちらこちらに木蓮や桜やライラック等花々が美しく咲くので、楽しみにしているのですよ。

哲学者地区_e0357367_03220461.jpg


哲学者地区_e0357367_03221162.jpg


哲学者地区_e0357367_00462888.jpg


哲学者地区_e0357367_00463687.jpg


哲学者地区_e0357367_03232935.jpg


哲学者地区_e0357367_03233746.jpg


哲学者地区_e0357367_00464463.jpg


哲学者地区_e0357367_00470340.jpg


哲学者地区_e0357367_00470969.jpg


哲学者地区_e0357367_03255346.jpg


哲学者地区_e0357367_00465643.jpg


哲学者地区_e0357367_03264608.jpg


哲学者地区_e0357367_00471520.jpg


哲学者地区_e0357367_03260385.jpg


哲学者地区_e0357367_03272712.jpg


哲学者地区_e0357367_03273306.jpg


哲学者地区_e0357367_03255883.jpg


哲学者地区_e0357367_03284276.jpg


哲学者地区_e0357367_00472372.jpg


# by sternenlied | 2017-01-29 00:16 | 散歩

ガラス張りの銀行

ドイツの都市には高層ビルというのはあまり見かけないのですが、
我が町でも唯一の高層ビルといったら、これ。北ドイツ州立銀行の本店ビルです。
市庁舎の向かい側に建っています。1998年から2002年にかけて建てられました。
私たちがこの町に引っ越してきたのが2001年の夏でしたから、
引っ越してきたばかりの時に出来上がったビルです。

ガラス張りの銀行_e0357367_21573027.jpg

高さは約83mで、外側はガラス張りになっています。
この写真を撮った時に、ピカッと先端が陽射しを反射してました。

ガラス張りの銀行_e0357367_02590484.jpg

ビルに接近してみましょう。
アンバランスなバランス、面白い構造になってますでしょう。

ガラス張りの銀行_e0357367_02591365.jpg

外側は平面的なビルに囲まれていて、一階には店やレストランが入ってます。
一番広い区画を占めてるのはIchibanという寿司の店です。
たくさん客が入っていて、これを写してる時も、丁度お昼時間で、
近くで勤めてる人がたくさん入ってるようでした。
空との境界線が独特な味わいを醸し出していて、フォトジェニックですね。
雲が浮かんでる方が面白いんだけどなあ。この時は雲ひとつ浮かんでませんでした。

ガラス張りの銀行_e0357367_02593727.jpg


ガラス張りの銀行_e0357367_02594344.jpg

おまけに寿司の店のメニューも^^

ガラス張りの銀行_e0357367_22073717.jpg


# by sternenlied | 2017-01-28 00:22 | 街角

市庁舎

今日も気持ちの良い青空となりましたが、これもある晴れた日に撮った市庁舎
歴史が古いように見えますが、ほんの100年ほど前に建てられました。
折衷主義で色んな様式を組み合わせて建てられてます。

市庁舎_e0357367_21290171.jpg

この凛々しい射手の像は数年前に市庁舎前広場に立てられました。

市庁舎_e0357367_02555261.jpg

市庁舎の内部

市庁舎_e0357367_02565172.jpg

アール・ヌーヴォーの要素を取り入れた階段はいつもうっとりと見上げてしまいます。

市庁舎_e0357367_21291098.jpg


これまで上って行かなかった階段を上がって二階に行ってみたら、
あちらこちらの細部にもアール・ヌーヴォー風の装飾が見られました。

市庁舎_e0357367_02571808.jpg


市庁舎_e0357367_21291885.jpg


# by sternenlied | 2017-01-28 00:19 | 街角

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied