来月末から3月にかけては謝肉祭と四旬節の季節。四旬節は復活祭の46日前から始まる断食の期間で、
謝肉祭は断食期間の始まる前に思いっきりご馳走を食べてどんちゃん騒ぎをするお祭りです。
断食といっても、食を断つのではなくて、肉や甘いものやお酒を節制する期間です。
今の時代、よほどの筋金入りの信者でなければ実行してる人はいませんが。

友達が早々にメールにこんな写真を貼り付けてくれてました。
四旬節の断食期間用のビールだそうです(笑)

e0357367_22133750.png

[PR]
by sternenlied | 2017-01-24 00:10 | 小ネタ

小粋な切手

私信の封筒に貼ってある切手には送ってくれた人の個性や心遣いが感じられるものですが、
今日届いた封筒にはこんな切手が貼られてました。私が車好きというわけではなくて、彼が車好きなのですが^^

e0357367_21423726.jpg


e0357367_21424628.jpg

[PR]
by sternenlied | 2017-01-17 00:20 | 小ネタ

和の箱舟

われら動物みな兄弟。。。っていう本のタイトルがありましたよね。これはニュールンベルクの木製のおもちゃを売ってる店のショーウィンドーで見かけたノアの箱舟です。素朴な木彫りの人形たちの表情がいいのです。見れば見るほど親しみが湧いてしまいます。調べてみたら、オストハイマーという会社が製造しているようです。この会社はドイツ南部にあって、1920年以来おもちゃ作りをしていた父親の跡を継いだマルガレーテ・オストハイマーさんという女性が設立した会社ですが、彼女はルードルフ・シュタイナー学校で教師をしていたそうで、シュタイナーの教えからインスピレーションを受けていたのですが、甥がデザインを担当して、1つ1つ職人たちの手によって天然の木材を使って素朴で優しげな人形を製造する会社を作ったそうです。日本でも売られてるようです。

オストハイマー社のサイトを見つけました。サイトの左側のカテゴリー欄をクリックすると、自然界の動物たちやメルヒェンの世界や色んな人形が見れて楽しいですよ。木や草や池まであるんですよね^^オストハイマーの人形たち 

e0357367_05083024.jpg

[PR]
by sternenlied | 2017-01-07 01:26 | 小ネタ

別に、科学者シリーズをやろうというわけではないのですが、偶然です(笑)このお人形、太陽光で動くような仕掛けになっていて、アインシュタインが上げた右手で「ここを使え、ここを使え」とちょんちょんと頭のこめかみの辺りを小突くようなジェスチャーをするのですよ。一昨年だったか、ニュールンベルクのユニークな物ばかし置いてる店のショーウィンドーでこれを見かけ、夫も私も爆笑。ニュールンベルクがあるフランケン地方の人というのは、シニカルなユーモアが大好きで(フランケン人のユーモア感覚は北部では通じません、笑)、言われてもウケてワハハと笑うようなメンタリティーを持っているのですが、これを買って義父に贈ると、やっぱし義父も義母もウケてワハハと大喜びしてました。義両親のところにやってくるお客さんたちにもこのアインシュタインが人気を博して、大笑いしているのだとか。今は太陽光が乏しく動いていないようですが、また陽が照ると活躍し出すでしょう。

e0357367_05070715.jpg


アインシュタイン自身も悪戯っぽくて茶目っ気たっぷりな人でしたが、

e0357367_18371983.jpg

多くの名言も残してますよね。数ある中から共感したものを幾つか。

困難の中に機会がある。

挫折を経験したことがない者は
何も新しいことに挑戦したことがないということだ。

どうして自分を責めるのですか。
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるのですから
いいじゃないですか。

人の価値とは、その人が得たものではなく、
その人が与えたもので測られる。

蝶はモグラではない。でもそのことを
残念がる蝶はいないだろう。

シンプルで控えめな生き方が誰にとっても、
体にも心にも最善であると信じています。

成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に
とって替わられて然るべき時だ。

人生とは二つの道しかない。
一つは奇跡など全く存在しないかのように生きること。
もう一つは。全てが奇跡であるかのように生きること。



[PR]
by sternenlied | 2017-01-03 00:37 | 小ネタ

テスラ

ドイツでお正月の祭日というのは一日だけ。翌日からは日常に戻るのですが、日本では少なくとも正月の三ヶ日はお正月ムードですね。なので私のブログの記事もゆっくりと助走から始めることにして、ちょっとばかし小ネタシリーズでも^^

ニュールンベルクの繁華街のメインストリートを歩いていたら、テスラのショールームを見かけました。テスラといっても、永久機関を発明したニコラ・テスラではございません。テスラモーターズ社のバッテリー式電気自動車です。キリッとかっこいいボディの車ですが、価格は何と69000ユーロ。将来は電気自動車はもっと増えるのかもしれませんが、今のところネックとなるのは充電できる場所は、都市ならともかく、地方に行けばまだまだ普及していないことでしょうね。社名のテスラというのはやはり物理学者のニコラ・テスラに因んでいるそうです。数年程前、ニコラ・テスラに少し関心を持っていたことがありました。ニコラ・テスラは100年以上前に、地球全体の磁場を利用し、電気振動と共鳴させることで、空間からエネルギーを無限に得られる永久機関と呼ばれる無限エネルギーシステムを発明していました。無限エネルギーが開発されると、石炭や石油は不要となり、エネルギー問題は解決されるのですが。。。実用化を阻む色々な複雑な理由があるのですよね。


e0357367_02330282.jpg

[PR]
by sternenlied | 2017-01-02 03:55 | 小ネタ

ペアルック

この日、庭園でも湖畔でも偶然愛犬とお揃いのジャケットを着て歩いている若い女性を見かけて、
若い女性の間で愛犬とペアルックを着るのが流行ってるのかと思いましたよ。

e0357367_02215330.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-11-22 00:25 | 小ネタ

ほぼ保護色よね^^

e0357367_02154831.jpg


e0357367_02155516.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-11-22 00:24 | 小ネタ

道端で出会ったテディ

先日の日曜日も好いお天気で、湖畔を散歩していた時に出会ったテディベアー。
ちょこんと柵の上に座ってました。子供が落としたのを、誰かが拾い上げてくれたのでしょうね。

e0357367_15545661.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-10-26 00:52 | 小ネタ

ガオーッ

先日、車で町の中心部に向かう途中で信号待ちしてたら、横にこんなん見つけました(笑)
ディフェンダーの持ち主、どこからかグリーングリーンのモンスターをさらってきたのかしら。
モンスターは逃げようとしてあがいているようです。こういうのをゆるキャラというのでしょうか。
ゆるキャラってドイツ語でどういうのかと思ってウィキで確認して見たら、Yuru Charaですって。
なんや、そのまんまやん^^ ドイツ語のウィキでの説明文の最初の行にみうらじゅんの名前も
書かれていましたが、国際的に名が知れてるなんて、彼が知ったら喜ぶでしょうね(笑)


e0357367_15561478.jpg


なんだかグリーングリーンのモンスターはハロウィンのジャック・オー・ランタンと同じような口元をしてるようなemoticon-0130-devil.gif
ちなみに以前夫の友達がランドローバー・ディフェンダーって最高の車だって主張してましたけど本当かな。


e0357367_15562097.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-10-25 19:46 | 小ネタ

運河に沿った道を歩いていると、幼稚園の側も通ります。
この日は日曜日だったので、幼稚園の遊び場に誰もいませんでしたが、
柵には色とりどりの長靴がぶら下げてありました。
幼稚園の先生が吊るしたのでしょうけれど。
それにしても、ドイツ人って靴を吊るすのが好きみたい(笑)
この間行ってきたブレーメンの小路でも見かけたし、
以前訪れたオルデンブルクでも見かけたことがあります⇢shoes in the air
下の草地にうつってる影も足跡のようで面白いでしょ。


e0357367_15440710.jpg


e0357367_15450174.jpg


e0357367_15445511.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-10-25 01:10 | 小ネタ

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。

by sternenlied