森の王と森の女王に捧ぐ

いつも「木陰のアムゼル2号庵」を訪ねていただきましてありがとうございます。
前にも書いてましたように、そろそろ画像容量が一杯になってきましたので、
キリのいいところで2月から新たなブログへと引越しすることにしました。
準備が整いましたら、新しいブログへのリンクをお知らせしたいと思います。

このブログのラストの記事の写真は何にしようか迷いましたが、
いつも訪れる度に優しい気で抱擁してくれる2本の大樹に捧げたいと思います。

ひとつは風景式庭園にいるナラの大樹
いつの季節にも力強い生命力で癒してくれる存在です。
樹木を神聖な存在として信仰していたケルト民族は
ナラの木を森の王、あらゆる木の王と呼んでいました。
この木は強さ、安定、成功、保護を象徴し、堅果は忍耐と
小さな始まりから多くを成し遂げる能力を象徴しているそうです。


e0357367_01243067.jpg


そしてもうひとつは、フォンアルテンガルテンにいるブナの大樹
今日も会ってきました。近くに寄って行くと、直ぐに清々しい気が伝わってきました。
ケルト民族はブナを森の女王と呼んでいました。私はおじいさんと呼んでましたが^^
この木は知恵と未知なるものを意味し、保護的な力を持ち、そして、
古いものの終焉と新しいものの開始を意味しているそうです。


e0357367_01245215.jpg


e0357367_01244482.jpg

フォンアルテンガルテンに向かう途中で面白いことがありましたよ。
ニャオーと妙な猫の鳴き声がするなと思っていたら、
近くの柵に留まっていたカケスが猫の鳴き声の真似をしてるのでした。
調べたら、カケスもオウムや九官鳥のように鳴き真似が上手いらしいですね。


[PR]
by sternenlied | 2017-01-30 02:44 | 樹木

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied