哲学者地区

今日も清々しい青空になって、気温もそんなに低くなく、久しぶりに湖畔や、庭園へと心ゆくまで散歩を楽しんできました。湖や庭園の水辺は凍っていて、見応えのある情景で、写真をたくさん撮ってきましたが、それはちょっと後回しにすることにして、先にこちらの方をアップすることにします。しばらく前に天気の良かった日に撮っていました。通りの名前にドイツの哲学者の名前がつけられているので、哲学者地区と呼ばれている地区があるのですが、美しく魅力的な建物がたくさん並んでいて、ここに住んでみたいと思うような憧れの地区です。春にはここの地区のあちらこちらに木蓮や桜やライラック等花々が美しく咲くので、楽しみにしているのですよ。

e0357367_03220461.jpg


e0357367_03221162.jpg


e0357367_00462888.jpg


e0357367_00463687.jpg


e0357367_03232935.jpg


e0357367_03233746.jpg


e0357367_00464463.jpg


e0357367_00470340.jpg


e0357367_00470969.jpg


e0357367_03255346.jpg


e0357367_00465643.jpg


e0357367_03264608.jpg


e0357367_00471520.jpg


e0357367_03260385.jpg


e0357367_03272712.jpg


e0357367_03273306.jpg


e0357367_03255883.jpg


e0357367_03284276.jpg


e0357367_00472372.jpg


[PR]
by sternenlied | 2017-01-29 00:16 | 散歩

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied