椅子のコンポジション

旧市街の一角に壁に椅子が並んでる建物が建っています。

e0357367_02505258.jpg


すっかり葉の落ちてしまった蔦の蔓と椅子のコンポジションがなかなか面白いのです。

e0357367_02511884.jpg


e0357367_02513075.jpg

この建物のある場所からそんなに離れていないところに以前ギャラリーがあって、
その店の前には季節によって色んな模様を施された椅子が並んでいたものですが、
これらの椅子もそこのギャラリーのものだったのかもしれません。
ユニークな椅子が並んでいたギャラリーは3年ほど前に閉店されて、
それと共にいつも横を通った時に楽しませてもらっていた椅子のシリーズも
無くなっちゃって残念です。かつてギャラリーがあった場所の前を通る度に
なんだか物足りないような感じがします。椅子のシリーズを見ていらっしゃらない方の為に
下にリンクしておきますので、良かったらご覧になってください。



e0357367_18044688.jpg


e0357367_18045557.jpg


e0357367_18050237.jpg


e0357367_18050941.jpg


e0357367_02530932.jpg

建物の別の壁にも椅子が。

e0357367_02535676.jpg

ここはコンディトライと呼ばれるパティスリーとカフェを併設したお店です。

e0357367_02540325.jpg

店の中に掛かってるのはジョージ1世としてイギリスの国王も兼ねていた
ゲオルク1世の肖像です。この王のもとで、短期間でしたが、ヘンデルが宮廷楽長を
勤めていた時もありますし、哲学者のライプニッツも仕えてました。

e0357367_18131881.jpg

コンディトライの野外席。ドイツではカフェの野外席は冬にも設けられてあるんですよね。
冬の寒い時にも外で座りたいという人が少なからずいるのです。席にはブランケットが備えてあります。

e0357367_02541628.jpg

[PR]
by sternenlied | 2017-01-25 00:39 | 街角

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied