ピクシー

ニュールンベルクに戻るといつもとびっきり美味しい料理で歓待してくれる友達夫婦のワンちゃんの名前はピクシー。数年前にスペインに旅行中に保健所送りになりそうになっていたところをドイツに連れてきて以来、我が子のように可愛がっています。暖かい季節にはこのドアの向こう側の庭の小高いところに女王のように鎮座して自分のテリトリーを見張っていることが多いのだとか。何を見張っているのかというと、近所のお家から忍び込んでくるニャンコ達。今は冬で寒いので室内に入れられていても、テリトリーが気になるらしく、ずっと庭を監視できる場所に居座っています(笑)でも時々さりげなく撫でられにやってきます。視線をあらぬ方向に向けつつ、興味ないからねと言ったような素振りを見せながらすり寄ってくるツンデレワンちゃん。

隣人も招待されていて、デージーという小型の愛犬1匹を連れてきていました。チワワとジャックラッセルの雑種のようなワンちゃんで、栄養が行き届いて丸々してました(笑)8歳だというのに、元気が有り余ってるのかと思うほど部屋の中をすばしっこく駆け回っていました。時々側にやってきて立ち上がって前足を私の膝にのせて見上げていたり、膝にのってきたりもしていたのですが、そこらにいる姿を撮ろうとしたら、さっと移動して行くので、あまりのすばしっこさに写真を撮るシャッターチャンスは逃してしまいました。シャッターを押したと思ったら、画面にはエイトマンのように搔き消える残像が残っているだけ(゚_゚i) 隣人というのはニュージーランド人で、デージーもニュージーランドからやってきたそうです。このワンちゃんも保健所送りになりそうだったところをもらってきたらしいです。一昨年の秋に旅行に行ったギリシャの島ケルキラ島で出会った野良の白いワンちゃんもできるならば連れて帰りたかったなあ。帰国の前日に出会ったので、そういうわけにもいかず。今頃どうしてるだろうかと、Ladyと呼んでいたこの白いワンちゃんのことを今でもよく思い出します。

写真はピクシー。前回会った時よりなんだか貫禄がついているようです^^

e0357367_05081976.jpg


e0357367_05082558.jpg


[PR]
by sternenlied | 2017-01-05 00:22 | 生き物たち

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。


by sternenlied