ヤブイチゲ花盛りの森

前回の記事でアップした森の中の小道を進んで行けば行くほど、春先に咲くキンポウゲ科の白い清楚なヤブイチゲの花、ドイツ語ではBuschwindröschen(ブッシュヴィントレースヒェン、直訳すると、藪ー風ー小さなバラ)が増えてきます。

e0357367_17373759.jpg


e0357367_1737996.jpg


e0357367_1736529.jpg


e0357367_1751571.jpg


e0357367_1747313.jpg


更に進んでいくと、わあ、ヤブイチゲが一面に花盛り! こんなヤブイチゲの花盛りを見たのも初めて。メルヒェンのような花盛りの情景が行けども行けどもずっと続いていました。白い妖精の世界にいるようなフィーリングを味わいながら、ただただ感激しながら歩を進めていました。

e0357367_1749529.jpg


e0357367_17495657.jpg


e0357367_18203512.jpg


e0357367_1821226.jpg


e0357367_1821364.jpg


白樺の倒木の傍で咲いていたヤブイチゲ。

e0357367_18255593.jpg


e0357367_1826899.jpg


e0357367_18263563.jpg


e0357367_18262144.jpg


進んで行く内に陽も傾いてきて、辺りは一層神秘的なムードに。森の中は静寂。聞こえてくるのは鳥の囀りや時折キツツキの木を突く音のみが響き渡っていました。

e0357367_17505137.jpg


e0357367_1748075.jpg


ヤブイチゲの他にも咲いていた可憐な花。

e0357367_1817103.jpg


e0357367_16153291.jpg


e0357367_167207.jpg

[PR]
by sternenlied | 2016-04-07 18:37 | 季節の花

木陰のアムゼル2号庵にようこそ。ドイツで暮らしています。散歩と旅が大好き。琴線に触れたもの達をここに拾い集めていきたいと思います。そして目に留まった日常のさりげない一コマも。

by sternenlied